会社印鑑のおすすめの作成法とは

事業を行う際に個人と法人の選択で迷ってしまうことが多いですが、一般的に年収が1000万円を超えるようであれば、法人の方が税制上のメリットが大きいため、法人として始めるのがお得だとされています。法人は株式会社や合同会社、非営利団体などが当てはまります。人以外が責任を持つ会社組織ですので、個人で事業を行う個人事業主とはまた違った性質を持ちます。個人事業主であれば簡単な開業届を提出するだけで済みますが、法人として行うのであれば、法人用の印鑑を作成しなければなりません。同時に印鑑登録を済ませる必要があり、割と手続きが大変です。その会社の顔ともいえる会社印鑑ですので、いい加減な発注で適当に作ってもらうのではなく、法人として信用されるしっかりした印鑑を作成するのがおすすめです。

法人用の印鑑セットの購入が楽でお得

会社印鑑で注目したいのが、その種類の多さです。法人として使うことになる印鑑には主に3種類が存在し、実印と銀行印、角印があります。実印とは印鑑登録を済ませることになる印鑑です。法務局に登録することで認められます。会社名に加えて代表取締役之印などの文字が彫られているものが多くなっています。3種類のうちでは最も信頼度の高い重要な印鑑に当てはまります。銀行印は、取引先の銀行で手続きをする際に必要になるものです。実印に比べるとやや小さめのサイズで作られる傾向があります。最後の角印は会社名だけが彫られたもので、領収書などの日常的な業務で頻繁に使うものです。法人として必要になる3つの印鑑をセット販売する業者が割と多く、1本ずつ購入するよりも単価が安くなるメリットがあります。

最寄りのはんこ屋よりネット通販を選ぶ

周辺地域にあるはんこ屋で会社印鑑を発注するイメージが昔から強くありますが、今ならネット通販を選ぶのが賢い方法だといえます。ネット通販で大切な実印や銀行印などを依頼することに不安を感じる人もいるでしょうが、大手のはんこ屋が多く、個人から法人まで利用者がたくさんいますので心配はいりません。心配であれば口コミで有名なネット通販のはんこ屋に依頼すれば間違いないでしょう。ネット通販の良さは、圧倒的な価格の安さです。近所のはんこ屋だと店舗を維持したり窓口スタッフの配置などでコストがかかってしまいますが、ネット通販なら店舗維持費がとても安く、全国からの注文を大量に受け付けることができるため、その分だけ印鑑の価格を安く抑えられる余裕が生まれます。高品質な印鑑を安く入手できるチャンスがあるのが、ネット通販の魅力です。